あーあ。眠ぃ。

     隣ですやすや寝ているを見る。

     いいなぁ…副隊長じゃないから集会に出る必要ねぇし。





     半分寝てる体を起こして鏡を覗き込んだ。

     やべー…ハネまくってる。

     俺の朝はうねる髪との格闘から始まるといっても過言ではない。




     そうこうしているうちにタイムリミットが近づいてきた。

     そっと扉を開けて部屋を出た。いや、出ようとした、ら。





     「危ない!!!」

     「は!?」

     「恋次、助けて!!修兵が…」

     「俺が…?」

    











     「キリンに食べられてる!!!!」








     …何ちゅー夢を見てんだコイツは。






     やべぇ、そろそろ遅刻しそうだ。



     「じゃあな、



     そっと頬に口付けて。






     「…いってらっしゃい。気をつけてね、」



















      「キリンに。」








     …お姫様は夢の中。















     
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO