その日は暑かった。太陽が高い。















は床に寝転がっていた。

     いや、干からびていた。








    「おい、

    「暑いーーー…やる気がちっとも起きないー…」

    「暑いのはこっちも同じだアホ。ってか人の部屋で干からびるな」

    「…恋次、髪の色変えて」

    「は?」

    「暑苦しい。」

    「(こいつ…!!)」

    
    








    何なんだよ全く。

    しかも死覇装、前はだけてるぞ。

    俺的にはおいしい光景だけどよ…こいつは恥っつーもんがねぇのか?











    「おい、ミイラ」

    「クレオパトラの間違いじゃない?」

    「(どっちでもいい)そんな格好してっと襲うぞ」

    「エロー!ヘンターイ!ヘンマユー!」

    「(最後のはムカツク!!)マジで犯すぞてめー!!」

    「ヤーだねっ!」











    はヒョイと起き上がり、

    扇風機の前へいそいそと向かった。


















   20040520


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO