友達の柚子は白哉のことが好きだ。




「もっと隊長のことが知りたいの!」




ならば、このあたしが一肌脱ごうじゃあないか!と、いうわけでここ(六番隊)にいるんだけど。




「いや、それだけは絶対に聞かないほうがいいぞ」

「えー、何でよ?」

「何でも」

「あ!白哉!」

「何だ」

「ちょっと聞きたいんだけどさ、好みの女の子ってどんな感じ?」

「(わーー!馬鹿!!)」





少し間をおいて彼はこう言った。




「お前、と言ったら?」




顔色一つ変えずに。




「聞きたいことはそれだけか」

「え、あ…はい」

「変な奴だ」




言葉とは裏腹に、彼は小さく笑っていた。
その光景にあたしは心を奪われてしまったのだよ。








-----------------------------------------
14巻の影響ですかね?


20040906




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO