抱きついたとき見えた。
白い白い首に
紅い紅いキスマークがあった。





Babyish






「好きだよ、


笑顔でそう言うジェームズ。それは本当なの?彼の浮気癖は今に始まったことじゃないけどさ。




「不安になることもあるのよね、うん」
「へーーーーー」
「(冷たい……)」


相談する人を選べばよかった…。何故こんなアホ犬にお悩み相談しているのでしょう?


「親友なんだから何か知らないの?」
「お前の話なんてしょっちゅうしてるさ。相当お前のこと大事にしてるんだろ」
















「って言えば満足か?」






わかってた、よ。あの人のトクベツなんて有り得ないってこと。鼻が、痛い。下を向くな。コイツに泣き顔なんて絶対見せたくない。



「じゃあ何?あたしだけを見て、とか安っぽいコトバを言えって?ははは。そりゃあたしには無理だよジェームズ…」


手の甲にポタッと雨が降った。
嘘。ここは室内だもの。
まさかホグワーツで雨漏りなんてしないでしょうし。



「え、と…聞いてくれてありがとう!じゃ!」


きっと今のは見なかったはず。何とも無い顔で立ち去ろう。











「おい」





「なに、よ」














「いや、何でもない」









どうせ、ジェームズに捨てられるぐらいなら、ここでシリウスに拾われてもいいと思ってしまった。





そんな都合のいいこと起こるわけないさ、ベイビィ。

















--------------------------------------------------
ジェームズ悪者?



20041022


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO