リーマスが別れた。

信じられない。レイブンクローで一番可愛い女の子と。(同性のあたしでさえ惚れてしまうぐらいの)
あたし達は声を掛け辛く、黙り込んでしまった。
そしたらリーマスはいつもの笑みで、

「何?この沈黙は」

と言った。








サ ナ ト リ ウ ム







「いや、あ…」
「だって、ねぇ…」
「なんつーか…」


ジェームス、リリー、シリウスが思い思いの言葉を吐き出す。ああもうじれったい!!




「何で別れたの?」

おいおいおい!っていう三人の心の叫びが聞こえてくるような気がした。


「ハハハ。みたいに直球できてくれると嬉しいよ」

少なくとも、三人のへなちょこ変化球よりはね。




小さな深呼吸をしてから彼は言った。



「好きな人ができたんだって」



「た、たったそれだけのことなの?」
「リーマスよりいい奴なんかいないよ!なんで追いかけなかったんだよ!!」
「奪っちゃえよ!」






「追わないって決めたのはリーマスなんでしょ?」

あたしは静かに彼を見つめた。





「ああ」




悲しい。悲しすぎるよ、リーマス。
あたしは知ってる。どれだけ彼女のことを大切に想っていたか。滅多に泣かない彼が、彼女を想って涙を流していたところを見た。確かに、この二つの目で。





「リーマス…」
「ありがとう、。いいんだよ。彼女の幸せを願うことが一番だから」





その笑顔は悲しすぎるよ。

あたしには



愛しすぎるんだ。











(あらまーリーマス夢!悲恋というよりはこれからって感じですかね 20040929)




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO